志望動機 アピール

志望動機でアピール

面接で良く聞かれるのが「志望動機」です。
もちろん履歴書にも書くと思いますが、口頭で聞く面接官もいます。

大体が面接の最初のほうに聞くことだと思います。
その為、ココでのアピールは後の面接に直接関係してきます。

志望動機は、基本的にはあなたの本当の動機を話して下さい。
たまに「絶対思ってないだろ!」と思うような事を言う人もいますが、
面接官の胸には届いてないでしょう。

また、だらだらと話すのもダメです。
文章をしっかりまとめて話せるようにしましょう。

アルバイトは就職活動とは違いますので、
就職の面接で良く使われる「御社の○○が〜」みたいな事より、
「私は○○が好きで」「以前のアルバイトの経験」「チャレンジしてみたい職種」などを
アピールするほうが効果的だと思います。

また、素直に「時給が良いから」「家から近いから」という動機も言って良い事です。
印象が悪くなりそう・・・、と思われがちですが、私の場合はそんなふうには思いませんでした。

そして一番重要なのが、「やる気」をその中に見せること。

面接官はたくさんの人を面接をしてきています。
志望動機などは、はっきりいってみんな似たようなものです。

どこで差を付けるか!
それは「やる気があるなぁ」と思わせる事です。

例えば、

「志望動機は〜、よろしくお願いします。」
「志望動機は〜、ぜひ働いてみたいと思っております。

上記のように最後にやる気を見せる言葉を入れるのもアピールになります。

その他、はっきりと喋ることも大切です。

こんな志望動機は避けましょう

・なんとなく・・・
こういう人がいるんです・・・。
志望動機を聞かれて「なんとなく・・・」はないですよ。

まぁ、本当に「なんとなく」だったのでしょうけど、働いてほしいとは思えません。


・楽(ラク)そうだから
これは禁句に近いです。
仕事を甘く見ているとしか思えません。

もし雇ったとしても、すぐに辞めてしまうんだろうな・・・。


・ウソ
「ウソ」は絶対に良くありません。

もし採用された場合のトラブルになることだってあります。
素直に話をすることが大切です。


・御社しかないと思って
これは逆効果になる場合があります。
言い方によってはとても効果的ですが、
「どこでも言ってるんだろうなぁ」と取られることもあります。

「私にぴったりだと思って」や「一番良いと思って」というような表現にしましょう。


志望動機 チェックポイント

志望動機は、面接の最初にやる気をアピールする絶好の機会です。
はっきりと素直に話すことが大切。